アトピー性皮膚炎は漢方で治そう!仙臺薬局

仙臺薬局は、大正創業、宮城県仙台市の老舗の漢方薬局です(^^)Since 1917 www.sendai-pharmacy.com

*

花粉症対策は漢方でばっちり

花粉症のメカニズム

花粉症とは、スギやブタクサなどの花粉などによって起こるアレルギー性疾患のことです。

アレルギーとは、体に入り込んだ異物を撃退する体の防御反応が過剰(過敏反応)である場合をいい、花粉は目や鼻のから侵入しやすい為、涙・鼻水・粘膜の炎症などが花粉症の代表的な症状となります。

花粉症★仙臺薬局におまかせください

 

人体は外から侵入してきた抗原に対し抗体を作って自分を守ろうとしますが、花粉症の場合、花粉という抗原に対し体はIgE抗体と呼ばれる抗体を作って反応します。

IgE抗体は健康な人の体内にはごくわずかしか存在せず、アレルギーが起こっている人の場合には、アレルゲン(花粉症の場合は花粉)に対してIgE抗体をたくさん作り、その後、アレルゲンが再び入ってくるとアレルギー反応を起こします。

統計上、両親や兄弟にアレルギー疾患がいる人は、いない人よりもアレルギーになる可能性が高いことがわかっています。しかし、最近では遺伝的素因以外にもアレルゲンにさらされる環境もアレルギー症状に重要であることがわかってきました。

アレルギーと健康な体の防御反応のひとつである免疫は、実は体内での働きは似ています。

免疫があるおかげでわたしたちは病気を治したり、病気になるのを防いだりしています。病原体には免疫という反応、食べ物やダニなどのアレルゲンにはアレルギーという反応で排除しようとしているのです。

 

 

衛気(えき)とは・・・?

中医学では免疫力と相当するものを衛気(えき)といいます。

衛気(えき)は人間が本来もっている防御力で、あらゆる邪から人間を守るバリアのような存在です。

冷たいものや生ものを好んで食べる習慣、ファッション重視の軽装、夜更かしや昼夜逆転生活、ストレス社会、こうした生活習慣は、衛気(えき)を減少、低下させてしまう要因となります。

衛気(えき)の減少、低下=免疫バランスの崩れ・・・アレルギー性疾患をはじめ、あらゆる病気のリスクを高めることになります。

 

 

風熱タイプと風寒タイプ

花粉症対策に絶対はずせないのが、補気薬である黄耆(おうぎ)をメインに、脾の働きを助ける白朮(びゃくじゅつ)と、風邪(ふうじゃ)の侵入を阻止する防風(ぼうふう)のトリプル黄金コンビ、衛益顆粒(えいえきかりゅう)です☆ (玉屏風散[ぎょくへいふうさん]という処方です)。

花粉症の場合、中医学ではその方の症状と体質にあわせて風熱タイプと風寒タイプに分けて考えますが、実際漢方薬を服用の際には仙臺薬局にご来店ご相談ください。

 

風熱タイプ

  鼻水が粘っこく、よく鼻がつまる
  のどが痛い、痒い、イガイガする
  皮ふ表面や内側に痒みを感じる
  目が充血している
  のどが渇きやすい

黄色くねばねばした鼻水や痰、鼻づまりもひどい風熱タイプは、体の余分な熱と炎症をとり、かゆみを抑える対策を! 精華鼻淵丸(びえんがん)、目の充血・かゆみには菊花茶などもおすすめです。

 

風寒タイプ

  無色透明の鼻水で量が多い
  寒気、悪寒がする
  のどの痛み、目の充血はない
  くしゃみが多い
  冷え症で元気がない

涙がでてもサラサラした涙、目やにも少なく、粘り気のない無色透明の鼻水や痰の風寒タイプは、体を温め、体内の異常な水分を取り除く必要があります。小青竜湯(しょうせいりゅうとう)などがおすすめです。

衛気(えき)を高める★仙臺薬局におまかせください

 

花粉飛散の時期になるたびに「面倒だな」「いやな季節だな」と憂鬱な気持ちになる日々から解放されましょう!

 

仙臺薬局におまかせください
お買い上げいただきましたお客様のご相談は無料です。(ご相談のみはご相談料として1回30分あたり¥1,000です)
ご相談のご予約はこちらから♥(^^)お気軽にどうぞ

★お電話お待ちしております★

 

 

 - その他の症状 , , , , , , , , , ,